トラップうまい人だけ知っている練習方法を伝えます

トラップがうまいって羨ましい

私が一緒にサッカーやってきた仲間で
トラップがめちゃくちゃうまい方がいます。
その方に幼い頃の練習方法を聞きました。
おもしろいです。その方法は…

トラップがうまい定義

「どんな状況でも自分の置きたい位置にボールを置ける。」です。

だからどんなボールが来ようと、好きな位置に置けるのです。
だから、ボール取られないし、相手からすると嫌な選手です。

うまくなる練習メニュー

5m位離れた位置から、強いボールをひたすら受ける。です。
これを繰り返します。
いわゆる対面パスですね。

ポイントは強いボールを蹴ってもらう事です。

慣れてきたら、距離を縮めます。
その方は最終的に、3m位のところから、
顔面以外のところにおもいきり蹴ってもらっていたようです。
それを完璧にコントロールできるようになりました。
ある意味スパルタです。笑

一人しかいない時は壁に強く蹴ったボールの跳ね返りを
コントロールする方法があります。

日頃から強いボールを受ける事を当たり前にする事で、
トラップが劇的に上達します。
試してみてください!

追伸

この方法を小学校の低学年からやっていれば…
と心の底から思いました。そんな方法をこれから
どんどん伝えていきます。

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る