オフサイドを知ると、試合で活躍する確率が劇的に上がる。パパ編

オフサイドを知ると

オフサイドは、
サッカーの歴史を紐解くと、
最も画期的なルールだったと言われています。

動画でご覧の方はこちらから↓

 

サッカーは最初

ボール保持者よりも、
前に出すパスは全て禁止されていました。
何か他の競技と似ていますね。
そう、ラグビーです。

元々、フットボールは、
サッカーとラグビーが同じでした。

パスが前に行かないと、
相手のDFはとても守りやすく、
すぐに捕まえる事ができます。
そのため、
攻撃のスピードが遅れます。

するとどうなるか?

観ている人がおもしろいと感じなくなります。
なので、パスは前方OKにしました。
ただし、全てOKにしてしまうと、
CFが最初から相手GK前にいて、
ボールを待つ形を取ります。

すると、
距離感が間延びしてしまい、
これもまたスピード感に欠ける試合展開になります。
なので、

攻撃側選手がゴールキーパーを除く、
一番後ろにいる選手(守備側の最終ライン)より
ゴールラインに近い位置にいる。
ただし、
ゴールキーパーが味方選手より前に
位置するときには、この言い換えは成り立たない。

としました。

お察しの良い方はわかると思います。
サッカーは常に「スピード」を追求する競技なのです。
観客視点に立ち、ルールを変更していきます。

サッカーは年々プレースピードが上がっています。
これはデータでも現れています。
ここで勘違いしてはいけないのは、
単純に素走りを速める!という事だけではありません。

判断スピード
コントロールスピード(正確にやる事で無駄な時間省略)
キックスピード
と様々な方法があります。
オフサイドが変わる時がトレンドが変わる時です。
覚えておいて下さい。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」

サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。

ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る