教育と脅迫は違う

怒鳴るコーチ

小学生のカテゴリーで、
今だに選手に感情的に怒鳴りちらかす方を見かけます。
その方の普段の仕事ぶりを見たいものです(笑)
教育する立場なのに、脅迫しています…

「なんでできないんだ?」
「次できなかったら、スタメンから外す!」
これ教育でしょうか?

 脅迫です。

こんな事言われたら、びびってめっちゃ消極的になります。
うまくなるわけありません。
よくわからない大人の理論は、
「この位の事でへこんでいるようでは、うまくならない!」
あ、それは自己都合です。気合いの強要です。笑
確かに、高校レベルではこの位でへこたれてはいけないと思います。
なぜなら、高校クラスになると一戦一戦で人生が変わります。
これはまた後にお伝えします。

話戻しますが、
怒鳴られてばかりでは、やる気が出るわけありません。
しかし、すべての大人ができてる人間ではありませんから、
この場合の対処法をお伝えします。
こういう方は、中途半端にできないと、怒鳴ります。
だから、
【おもいっきりやる姿勢を見せる事】が大切です。
その理由は、
①自分がすっきりするから
②おもいきりのプレーに対しては怒りにくい
これ人の真理です。
私はシュート外しすぎて、めちゃくちゃ怒鳴られてました。
だから、入る入らない別に、思い切りシュートを打ちました。
そのシュートはラグビーゴールを狙っているんじゃないか?
と思われる位、上にいきました。おもいきり外したのです。笑
監督は大爆笑でした。
中途半端が一番監督を苛立たせます!笑
やるならおもいきり!

追伸
ただし、おもいきりプレーする事と力む事は違いますよ!

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    メルマガ登録

    header_04maillong500bottom
    ページ上部へ戻る