決定力を高める簡単な方法があります。

以前、
ワールドカップ得点王スキラッチ氏から
得点王になる方法を教えてもらいました。

その方法の1つが、
(自分、仲間が) シュート打ったら
必ずゴール前に詰めるということです。

理由は、
GKがはじいて、
ボールがこぼれてくる可能性があるからです。
その場面は、
ドフリーで誰も邪魔がいません。
触るだけで得点できます。

手数をかけずに得点できるので、
私は省エネゴールと呼んでいます。

日本人は、
得点を華麗(格好よく、派手)にしたい!という

考えを持っている方が多いです。

けど、大切なことは、

華麗に得点するのではなく、
「形はどうあれ得点をする!」
ことなのです。

1つの得点に対し、
記録に残るのは、
1得点という結果だけです。
華麗な得点か、
泥臭い得点かなんか、
いちいち記録には残りません。
1得点は1得点です。

なので、
ゴール前に詰める。
GKのこぼれ球を狙う
というゴールは、
とても重要なプレーです。

自分がシュート打った後、
仲間がシュート打った後、
こぼれ球狙っていますか?

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    メルマガ登録

    header_04maillong500bottom
    ページ上部へ戻る