ゴン中山さんから教わった点取るためにジュニア年代(小学生)から準備する事

ゴン中山さんと会いました

テレビで観ない日はない、アスリートタレントの
ゴン中山さん。
ご縁がありお話させていただきました。

藤枝東時代毎日通ってくれていた

実は中山さんは、
私の実家のサッカーショップに高校時代毎日のように
通ってくれました。
私はまだ赤ん坊で記憶はなかったのですが、
父からよく、
「中山選手は練習後によくうちに寄って、
色々話をしていったよ。今日の練習はこうだった!とか。
今週の対戦相手は静岡学園だから、こういうプレーを
心がけよう。等、色々な話をしていったよ。当時から
サッカーに対して熱かったな」と、
聞かされていました。

気が付けばモデリング

私は藤枝東でプレーしていた時、
中山さんのプレーを意識するように心がけていました。
私の高校時代は、中山さんが30歳を過ぎていたのですが、
年々進化していました。
どんどん上手くなっていくのです。(上から目線ではありません)
よく、サッカー関係者や、中山さんを指導した事がある方は、
「中山は上手くない。気持ちであそこまでいった」と、
言っていましたが、
私は、全くそうは思わなかったのです。
なぜなら、
結果を出す選手
だからです。

記録がこんなにもある

①W杯本大会日本代表初ゴールなどの個人記録
②国際試合における最短ハットトリックのギネス記録保持者
③2016年3月に佐藤寿人選手に抜かれるまで通算J1最多得点(157得点)記録保持者
④2016年11月にステファン・ルチヤニッチに抜かれるまで
ハットトリック連続世界記録保持者(4試合連続)
客観的な記録だけでこらだけありますが、
肋骨が折れていてもプレーを続けたり、
絶対追いつかないボールを諦めずに、スライディングをして

追いつき、点を取ったり、
普通飛びこまない状況でも、
飛び込んで点を取ったりと、
人々の記憶に残る印象的なプレーが、
数多くあります。
だから今だにファンが多いです。
私は、そのファンの1人であり、
ロールモデルにしています。

中山さんから学んだこと

①メンタル

・何点取っても、物足りないと思える貪欲さ
これを聞いた時、自分がなぜプロになれなかったのかわかりました。
私は試合で1,2点取ったら満足していました。
そのあとは、仲間に点を取らせようとしていました。
常に物足りないと思っていないと、点を取り続ける事は
できない。と言われました。
・冷静と情熱の間を見つけろ
ゴールに近づけば近づく程落ち着く事、でも冷静になりすぎない。
冷静になりすぎると、遠慮してしまう事が多い。
遠慮した瞬間チャンスはなくなる。
だから、自分の程よいメンタルを見つけてほしい
・ペナルティエリアの中では自分が打つと決める
私はよくペナルティエリア内はゴール確率が高いエリアと
伝えています。中山さんも同じ事をおっしゃっていました。
日本では、自分よりも確率高くシュート打てる選手がいたら、
パスをしなさいと教わります。
海外の選手は、そのような状況でも自分で打つように教わるようです。
仮にその時点を取れなくても、
相手DFに、この選手はシュートを打つと植え付ける事ができます。
ゴールは駆け引きなのです。心理戦と言っても過言ではありません。
これらは、早ければ早いほど身に着けてほしいとおっしゃっていました。
一番重要なのは、メンタル面なので、まずお伝えさせていただきました。
技術編はまたお伝えします。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る