サッカーは、トラップ、パス、ドリブル全て利き足だけでいける

中村俊輔選手、メッシは

ほぼ利き足の左だけでプレーしますね。
相手はわかっていても、
彼らからボールを奪えません。
なぜでしょうか?

コントロールが完璧だから

彼らはコントロールが完璧なのです。
「コントロールが完璧」を分解すると、
①自分が思い描いている所
⇒状況の判断ができないと、難しい
②次のプレーに繋がる(仕掛け)所
⇒トラップは罠を仕掛けるが語源。仕掛けられるところ=次のプレーに繋がるところ
③次のプレーがスムーズに移れる所
⇒トラップをして、次の動作が最短でできるところにボールを
置ければ、プレーのスピードが劇的に上がる
①~③でボールをコントロールする事ができます。
メッシは、相手との距離15cmでプレーを変える事ができると
言われています。
15cmですよ!凄い事ですよね?
相手が自分に近づけば近づくほど、
逆を突かれた時、引き離されます。
つまり一瞬逆ついたら、かなり置き去りにされちゃうのです。
だから、相手DFは警戒に警戒を重ねますが、
抜かれてしまいます。
そんな選手になりたいですね。
今日の内容はまた動画でアップしますね。

まとめ

・中村俊輔選手、メッシは利き足しか使わない
・ボールコントロールが完璧だから取られない
・コントロールが完璧を分解すると、
・自分が思い描いている所にボールをおける
・次のプレーに繋がるところにおける
・次のプレーがスムーズにいくところにおける
・メッシは相手との距離15cmで判断を変えられる

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る