山本剛とは

【幼少時代】

静岡県藤枝市で生まれる。藤枝市民はサッカーのことで頭がいっぱい!という表現がぴったりの町!

実家は老舗サッカーショップで、祖父は日本で初めてサッカー少年団を発足した人物で、藤枝東の名GK。

ちなみに藤枝東サッカー部の藤色を作ったのは祖父。(笑)

父は藤枝東→明治大学のサッカー部で、とにかくサッカー一家で、この環境でサッカーやらない方がおかしい。(笑)

藤枝小学校の少年団に入部した。入った当時周りのみんながうまくて、悔しくて毎日ボールを蹴った。

スポーツショップの裏にある駐車場のフェンスを全て壊したが、祖父は、

「いくらでも壊せ!」と激励してくれた。普通怒るだろ?(笑)

小学生時代はありがたい事に、蹴って走る!というつまらない指導をする方がいなかった。その点藤枝は本当に恵まれていると思う。

とにかく技術・テクニックを学べた。

【中学時代】

名門藤枝中学に入学(全国大会で3回優勝している)

小学校に続き、藤色のユミホームを背負う。

当時情熱ある先生が監督で、週末はバスを運転してくれて、色々なチームと試合を組んでくれた。

その時に静岡県選抜の監督の目にかかり、静岡県選抜に選ばれる。

選抜に選ばれたのは初めてで、最初の合宿では緊張しまくり。

小学校時代からの常連メンバーが、めちゃ威張っていて、新メンバーには偉そうな態度を取る。

むかついたが、ピッチで証明するしかない。

最初は凄く嫌だった。緊張しすぎてお腹を壊したくらいだ。こう見えて、結構びびりです…笑

でも何回か参加しているうちに慣れていった。

レベルの高い環境にはどんどん挑戦した方がいいと思った。

なぜなら、

慣れるから!(笑)

必死にくらいついてけば、知らないうちにレベルが上がっている。

今はクラブチームとか増えているから、選択することができる。

もちチーム選びにお悩みであれば、現時点よりもレベルの高いところに挑戦することをお勧めする。

話を戻そう。

スポーツの世界は結果が全て。結果を出していけば自然と認められる。

それまで相手にしてもらえなかった偉そうな奴らとも仲良くなり、いまだに連絡取ったりしている。(笑)

ちなみに当時の静岡県選抜のメンバーは半分位がJリーガーになっている。

中学時代の実績は中体連県ベスト4、個人では東海トレセンに選ばれる。

県ベスト4は、久々の快挙に結構盛り上がった!

【高校時代】

藤枝でサッカーをする少年なら誰もが憧れる名門藤枝東に入学した。

藤枝東時代のPKシーン。PK時は1番手だった。

藤枝東時代!1年時から11番を背負う。

同学年には、成岡翔君、大井健太郎君、岡田隆君、1つ上には長谷部選手、のちのJリーガー2人とメンツが揃っていた。

運が良い事に僕は高校1年の春からレギュラーで出場した。

僕の事をご存じの方はプレースタイルがわかると思うが、はっきり言って、

「うまくない」

でも

「なんか点取る」

と言った感じの選手。ただ、僕なりに戦略は持っていて、

それは、

「うまくなる事よりも、結果出すことに注力をする」だった。

うまさで1番になるにはライバルが多すぎる。勝てない。

当時藤枝東にはうまい選手はたくさんいたけど、体張ってがんがん行く選手がいなかった。

僕はそれが売りだったので、そこを重点的に鍛えてアピールをした。

何も考えずがむしゃらにやる事は大切だけど、それ以上に未来の事を考えて、目の前の事に集中する方が人は動きやすいと思った。

だから、

「運」が良かった。

1年時は順調に試合に出ることができたが、チームの結果は出なかった。インターハイで県予選準優勝。選手権ではベスト8。

2年時は、インターハイで県予選優勝し、全国大会では準優勝することができた。

とにかく長谷部さんのブレイクが凄かった。後の大学で一緒にプレーした仲間達が、

「インターハイの時の長谷部さんマジで凄かった」と口を揃えて言う。

長谷部さんは高2の選手権からレギュラーになった方だ。

だから僕の方が先にレギュラーになっていた。彼とは中学の藤枝トレセン時代から一緒にサッカーをしてきた。

長谷部選手はこの頃から頭角を現していった。

ヨーロッパ遠征時の長谷部さんとの2ショット。

当時からうまいなあと思っていたけど、どこかで力を抜くことがあった。笑

文面では表現できないことも平気でやっていた事もあった。笑

その辺の内容は、直接お会いした時にお話します!

力を抜くことを当時の服部監督に叱られていたことを覚えている。

けど高2の冬から出始めてから、変わっていった気がする。立場が変えたのか?

自信がみなぎっていった感覚だった。

出れない時、出てからの長谷部さんの両方を見れた事はとても貴重だった。

逆に言うと、

どんな「考え方」を持ち、「行動」するかで、人はどんどん成長してくんだ!という事がわかった。

今の長谷部選手を観て、昔から凄かったんだ!という錯覚に陥ってほしくない。

誰にでも可能性はあると思う。

話を戻そう。

高校2年時は、国体でも県選抜に選ばれたこともあり、全国で優勝することもできた。

その年の個人実績は、

インターハイ全国準優勝と国体全国優勝。

この結果は自身の未来に非常に良い方向にいく結果となった。

高校2年時の冬僕は大けがをした。

しかもU-17候補合宿で…

まさかの腓骨骨折(ひこつ)、靱帯断裂…

それ以来日本代表に呼ばれることはなかった。笑

全治4ヶ月。11月に怪我したから、3月末が復帰だった。

苦しいリハビリに耐えて復帰をしたが、パフォーマンスはあきらかに低下していた。

パワーとスピードがめちゃくちゃ低下していた。

めちゃくちゃ焦った。

今までできた事ができない…

これは辛かったなあ。

でも立ち止まることはできないので、プレースタイルを変えていった。

変化に対応する事の大切さをこのとき学べた。

結局高校3年時は結果がでなかった。

夢だった国立行きは絶たれた。

当時のメンバーとは今でも仲良くて毎年みんなでサッカーをしている。

サッカーで培った絆は一生物!

成岡翔君、大井健太郎君、岡田隆君と後のJリーガーが一緒に。

藤枝東同級メンバー!

毎年Jリーガーも本気でプレーします!

年末に行われる蹴り納めの1ショット!

 

【大学時代】

大学は明治大学に入学した。当時は二部リーグに属していて、

メンツのわりに結果がついてこない…という印象だった。

自身初めての寮生活。

これは僕の人生においてめちゃくちゃネタになるような寮だった。笑

このご時世に、

8人部屋、16人部屋。

二段ベッドが4つあり、ベッド1つ分が部屋。

というか、

「秘密基地」みたないノリ。

ある著名人が逮捕されて、TVで留置所の説明をしていた。

その説明は、「部屋3畳しかなくせまい…」

「いや、俺達の部屋の方が狭いから!3倍あるから!」って一斉に突っ込みを入れていたのを覚えている。笑

これは就職活動の面接に使えるネタだからな!と先輩から教わった。(笑)

僕たちの代のメンバーは結構揃っていた。

現名古屋グランパスの小川選手、ヴァンフォーレ甲府の福田選手、あと全て強豪校の選手だった。

先輩、後輩にもプロになった人が多かった。

2コ下には、長友選手がいた。

彼の入学当時の印象は、

「ノリが良くていい奴!」だった。笑

身体能力は確かに高かったけど、もっと高い選手は結構いた。

ポジションはボランチをやっていたけど、ライバルが凄く多いポジションだったから、レギュラーになるのは厳しかった。

度重なる怪我からの苛立ちで、1年生の仕事をおろそかにしていた時期があった。

そこで、僕たちの代のキャプテンが説教をした。

そのシーンは、壮絶で、彼の著書にも書かれている。

日本男児 http://amzn.to/1I4NCWD

確かこの1件以来、全く変わった気がする。

そこからリハビリや自分の役割を本気でやったと思う。だから多くの人達が彼を応援するし、

それを彼は力にしている。

太鼓は本当にうまかったし、声量も凄いからソロの応援もあった!(笑)

ガリバー末廣っていう応援。

太鼓②

長友選手の応援団時代

太鼓

長友選手の応援団時代

※写真は本人、事務所から了承いただいてます。

昨年会った時にそのネタで盛り上がった。

長友選手

イタリアで会った時のショット

試合に出なくても全力だった。試合に出てからはもう凄かった。

彼の存在もあって、後期のリーグ戦は負けなしだった。この記録はいまだに破られていない。

ゆうと 明治大学スタメン

後期リーグ負けなし明治大学サッカー部

自分の話をしていなかった。

僕はまたもありがたいことに、1年の開幕戦から試合に出させてもらった。開幕戦ゴールもできた。

しかし、大学では本当に怪我が多かった。

どんどんスピードは低下して、リハビリで筋力つけて重くなり、パフォーマンスは落ちていく。この繰り返しだった。

出ていてもあまり活躍できなかった。常にテーピングをまいて試合に出る。満身創痍だった…

スライド35

怪我の連続だった大学時代

当時よく言われていたことは、

「剛は良いエンジン(筋肉)積んでいるのに、生かし切れていないよな」

これは自分でも実感していた。しかし当時はそのエンジンの操作方法がわからなかった。

このモヤモヤは結構長く続く。(笑)

当然プロからオファーが来ることはなかった。プロになることも断念した。

大学は3年時に、就職活動をするか?プロの道で勝負するか?決断をしなくてはいけない。

僕は就職活動することを決断した。

プロになれないなら、ビジネスでトップを目指そうと思い、経営者になると決めた!

僕の企業の選び方は、経営者になるのに一番必要な力を養われる環境があるかだった。

だから他の学生と就活の仕方が違った。

そこで出会った会社が、株式会社船井総合研究所という、日本で初めて上場した経営コンサルティングの会社だった。

ノリと勢いで、この会社だけ受けて運よく内定をもらった。

大学の成績は、

関東大学リーグ3位、総理大臣杯全国ベスト4、インターカレッジ全国ベスト8だった。

大学で出会った仲間との別れは本当に辛かった。でもなんだかんだで、結婚式とかでよく会う。(笑)

スライド34

最高のチームメイト!キャラが濃い!

【社会人】

株式会社船井総合研究所に入社。中小企業の経営者がクライアントで、業界No.1の会社。

経営コンサルティングとは、クライアントの業績を上げる事が仕事。だから、クライアントは新人にも容赦しない。

お客様のところへ行ったら、プロ扱い。だから、とにかくスピードを上げて成長する事が求められる。

仕事量は半端なくあった。休日も休んでいなかった。

船井総研

東京駅の真ん前にあります。

なんか丸の内って感じするよね?(笑)

僕は、初日の歓迎会で上司と喧嘩するという、ダメ社員だった。(笑)

飲みの席で、「辞表書け」って言われて、「意味わからないです!」と反抗するというやりとり。

今思えばマジで子供だった…けど当時は素ではむかっていた。(笑)

毎日のように全国の経営者と会い、色々なお話を聞かせてもらった。

仕事とは、人生とは、人とは、それは多種多様で、普通に過ごしていたら聞けないような事も教えてもらった。

当時のお客様とは今でも会って食事にいったりする。

人と人とのご縁は本当に大切だ言うことを教わった。

働くベースは船井総研で学ぶ事ができた。短期間に大量に!(笑)

この時、考え方、人に伝える事、理解してもらうことなどの基本的な技術を身に着けることができた。

これは後にめちゃくちゃ生かされる技術になる。

コンサル会社には、4年半勤めた。

この時の経験は本当に生かされている。

【実家 清水屋スポーツ 経営】

2011年に実家のサッカーショップに戻った。

自分のイメージより戻るタイミングは早かったけど、今思うとベストタイミングだったと思う。

老舗で60年以上のスポーツショップで、常連さんもたくさんいたが、少しずつ離れていってしまった。

原因は色々あったが、変化に対応していくのに苦戦をしていた感じだった。

僕が最初に手掛けたことは、顧客を増やす事だった。

社員の年齢層がかなり高かったので、バイタリティーがおちていた。

だから、とにかく足を使った。笑

最初から自分の顧客はいないので、1件1件学校、クラブチームをまわり、覚えてもらうことから始めた。

最初は相手にされない。だって他の業者さんが入っているからね。

そしたら、他がやらない事をするしかない。

僕が最初やったことは、

①グランドに落ちているゴミ拾い

②GK

③毎日グランドに足を運ぶ

①僕はサッカーをするグランドにゴミが落ちている事がはありえないことだった。

だからゴミ拾いをした。そしたら、お客様の方から清水屋さんで何か購入するよ!と少しずつお仕事をいただけるようになった。

そのチームは、僕が拾わなくても、きれいな状態が保たれるようになった。良かった!

不思議とそのチームは強くなっている。

②は人数が少ないチームにはGKが足りなかったりする事がある。だからシュート練習の時に、GKで入ったりした。

気がつけば、シュート打つ選手の指導をしていたけど。笑

困っている事を解決することは、重要だよね。

③これは今も継続している事だけど365日中300日以上はグランドに足運び、幼稚園~プロまで全て観ている。

だから今の日本のサッカー事情がわかる。グランドに行けば監督・コーチとも話すので、現場の悩みとか、色々聞くことができる。

①~③を繰り返していたら、顧客がどんどん増えていった。

スポーツ用品を購入して欲しいというアプローチはしていない。笑

清水屋スポーツは、かつて毎日のように学生が遊びきて、何かを買うわけではないが、色々しゃべって帰る。

それこそ、ゴン中山さんは毎日のように通ってくれていた。当時父が今の僕と同じ年齢位。

賑やかな雰囲気があった。それが近年減少していた。

でも顧客が増えていったことにより、お店に学生が来てくれるようになった。

みんなでわいわい!

お店でわいわい!

そこで色々と悩み相談を受けるようになった。

悩みの内容は、恋愛、勉強、将来の事、多種多様だけど、圧倒的にサッカーに関する事が多い。

これは学生に限らず、父兄や指導者、サッカー関係者など色々な人たちが相談してくれるようになった。

僕自身の経験や、一緒にサッカーをしてきた仲間達、お世話になった超一流の指導者、コンサル時代に出会った凄い人たち、色々なネタを伝えられるようになっていた。

その話を色々開示してほしい!と色々な方に言われた。

特に学生のサッカーの悩みは痛い程わかるし、解決方法もわかる。気付いてもらうように、伝えるように心がけている。

僕自身の失敗から気付いた事や、仲間達の失敗から

それが上位1%の人しか知らないサッカー上達法の原点だった。

ページ上部へ戻る