サッカーの試合中は良い人、良い子でいる必要はない

戦術の呪縛にはまる日本サッカー

どのカテゴリーを観ても、
やたら戦術の話をしています。
いい悪い別にして、正直窮屈に感じます。

サッカー日本代表戦を観ていても

口を合わせたように、
「チームの戦術は、~です。もっとチームのために~します。」
と言います。
チームの戦術に合わせる事に必死になり、
一番大切な自分のスペシャリティーを発揮する事を
忘れている事多いです。
選手を選んだ監督が求めている事は、
①チームの勝利に貢献する事
②自身の武器を発揮する事
です。
そのための、規律であり、戦術になります。
つまり戦術は、手段です。
目的ではありません。
良い人、良い子ほど戦術に従おうとしがちです。

ビジネスでもよくある事

凄く一生懸命やっているのですが、
振り返ると、
なんでこんなアウトプットしていたのだろう。。。
となった事ありませんか?
私結構ありました。
目的をついつい忘れてしまい、
ズレずれの事をしていました。
サッカーの試合中は、良い人、良い子はやめましょう。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    メルマガ登録

    header_04maillong500bottom
    ページ上部へ戻る