サッカーうまくなくてもチームに貢献し自信をつける方法

最初はだれでも

サッカー始めたばかりの子は、
中々活躍できなくて、つまらない時期があります。
私もそんな時期がありました。

私は小学校1年生になる時に、初めてボールを蹴りました。
幼稚園の時は一度もボールを蹴った事ありませんでした。
実家がサッカーショップで、
家族皆サッカーをやっていました。
誰もが剛はサッカーやるよね?という、
雰囲気が嫌で、
(あまのじゃくですね。)
絶対サッカーなんかやらない!と思っていたのですが、
父に騙され、
サッカー少年団に入団し、私のサッカー人生がスタートしました。
と言っても、私は全くの素人。
幼稚園の時からずっとサッカーをやっていた、
同期は皆上手いわけです。
私は、ルールもよくわかっていませんでした。
オフサイドなんかわけわからん!と思っていました。
オフサイドに関する記事はこちら↓
http://go-pla.com/know-the-offside-2-035

http://go-pla.com/know-the-offside-2-036

色々調べたのですが、
このタイミングが、
サッカーを辞めてしまうか、
ガチでやっていこうか迷う最初の壁のようです。

周りと比較するとへこむ

そりゃそうですよね?
先にやっている子達の方が、経験があるから。
つまり、
「周りと比較する」
をやってしまうと、
やる気がなくなり、
辞めるという決断に行きがちです。

そこで提案

比較ではなく、
現時点の自分にできる事をおもいきりやってみる
これが一番良いです。
誰でも最初はそうですよね。
できる事やるしかないんです。
ちなみに私は、
来たボールをおもいきりゴールにぶち込む。
事ができると思ったので、それをひたすら磨き、
自信をつけました。
それが、
サッカーを始めたばかりの私にできる事でした。

ただ、これは少し特殊なので、
今日はどの方にも当てはまりやすい事をお伝えします。

それは…

「走る」です。
なんだと思いましたか?

気合とか根性論ではないのでご安心下さい。
厳密に言うと、
「止まらない。ゆっくりでも動き続ける」という意味です。
特に、自分がボールをパスしたら、
必ずその場からは移動する事です。
(その場を立ち去るイメージ)
これやらない選手が非常に多いです。
めちゃくちゃもったいないことです。
少し走るだけのプレーですからね。
なぜ、走る必要があるのか言うと、
「スペースが空く」「相手DFを引き付ける事ができる」
からです。

なぜそれが良いプレーなのか?

「スペースが空く」

そのスペースに仲間が入ってこれます。
仲間は、走りながらそのスペースに侵入できるので、
相手DFは非常に捕まえにくいのです。
だからチャンスを生みだしやすいのです。

「相手DFを引き付ける事ができる」

パスを出した後、走る事で起こる現象は2つあります。
①相手DFがマークしにくる。付いてくる。
この場合、上記で挙げた、
自分がその場を移動する事で、スペースができるので、
仲間が入ってこれます。なので、チャンスが生まれる可能性が
上がります。

②相手DFがマークに来ない
この場合、自分がチャンスになります。
なぜなら、相手DFが着いてこないから、
フリーなわけです。
仲間からパスが来れば、フリーでシュートを打てるでしょう。

いかがですか?
走るだけで、チームに貢献ができるのです。
そこには上手さは関係ありません。
早速試してみるように、お子様にお話して下さい。

まとめ

・サッカー始めた頃、周りと比較するとやる気が下がる
・自分にできる事を一生懸命やってみる
・「走る」事ができればチームに貢献できる
・パス出した後、その場から移動するだけでチャンスを作れる
・1つ自信がつけば、どんどん成長できる

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る