シュート外した後気持ちを0.1秒で切り替える方法

ストライカーの宿命

ストライカーは常にゴールを狙う存在です。
点取れる試合もあれば、全然入らいない日もあります。
どんな時でもシュートを打ち続けなくてはいけません。

外すと罵声が

シュートを外すと必ず罵声があります。
①監督・コーチ

「何で決めないんだ!バカヤロー」
「下手くそ!」
「もっと練習しろ!」
②チームメイト
「決めろよ!」
「マジかよ。」
③観客
「交代しろ!」
「何で試合出ているんだ!」

慣れないうちは、どの罵声も萎えます。
シュートを打つのが怖くなります。
これは誰もが経験する事です。
私も、シュート外しすぎて、
中途半端なプレーをしてしまった事結構あります。
点を取る事が仕事のはずが、
怖さに負けて、
仲間にパスをしてしまう。
これでは真のストライカーにはなれませんね。

シュート外したら

0.1秒で切り替える方法があります。
それは、
外した瞬間に、

①ダッシュで下がる
②すぐに守備をする

なぜこれが良いか言うと、
周りが罵声を浴びせる時間がないからです。
「僕は、もう次のプレーに移っています。何か?」
みたいな感じです。
仲間も笑っちゃいます。
そして、
あいつもう次のプレーに切り替えている。
すげーな!と感心する人もいます。
試合中のメンタルを下げる要素は、どんどん潰していきましょう。
それは練習で、改善できます。
日頃の練習から、実践してみてください。
効果はてきめんです。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る