サッカードリブルのコツは、種類を知る事から。子供編

ドリブルには種類がある

ドリブルって種類がある事知っていますか?
おそらく皆さんのイメージするドリブルは、

動画でご覧の方はこちらから↓

スピードに乗って相手をがんがん抜いていき、
パスやシュートをする。じゃないですか?
私も以前までそう思っていました。
(実は最近まで!笑)

ドリブルは、

「ボールを運ぶ事」です。
運び方には、
①突破する
②相手をかわす
③時間を作る
④スペースを作る
と4つあります。

一番わかりやすいのは、

①の突破するですね。

C.ロナウドやベイル選手のような
ゴールに向かっていくドリブルですね。
このような場面はYOUTUBEなどでも
たくさんありますから、参考にして下さい。

個人的には、
元ブラジル代表の怪物ロナウドの映像は必見です。
よく真似をしていました。笑
繰り返し見て真似をしていたら、
高校の時同じプレーができた場面がありました。
②の相手をかわすは、
局面を打開する時に使いますね。

サッカーは基本11VS11でやるスポーツです。
(退場者が出たら別ですが…)

1人かわす事ができたら、
数的優位に立てます。
すると、チャンスが生まれます。

③時間を作る
④スペースを作る

に関しては後日お伝えします。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」

サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。

ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る