サッカーはトラップが1番難しい。最初はストップからでOK。

サッカーの技術で一番難しい

サッカーの技術で一番難しい事は、
トラップです。
キックは何となく形になりますが、
トラップは誤魔化せません。

トラップの仕方で、その選手の上手さはだいたいわかります。
これはすぐに上手くなるものではないので、
段階をおう必要があります。
ちなみに私トラップが本当下手くそで、
怒られてばかりでした。
だからトラップに対する思い入れは強いです。

いきなり上手くやろうと思わない

サッカーに限らず何でもそうですが、
多くの方が挫折する理由は、
いきなり上手(じょうず)な人みたくやろうとするからです。
どんな名選手でも、段階があります。
メッシや、Cロナウドもいきなりあんなに上手だった
わけではありません。
最初は皆素人です。

トラップの段階

トラップができると、バリエーションが豊富になります。
プレーの幅が広がります。
なので、
上手くなれば、サッカーはどんどん楽しくなります。
今からお伝えする事は、
コーチがあまり言わない事です。
トラップには段階があります。
①ボールの勢いを殺す⇒ストップ
一番初歩はここから入りましょう。
パスを受けたら、足の裏で止める。
その後、パスしたり、ドリブルしたり、ボールを動かす。
まずはボールの勢いを殺す事。止める事(ストップ)です。
②ボールの勢いを調整する
パスを受けトラップする時、どの位の力を入れると、
ボールがどこにいくか把握しましょう。
ミスをする時は、
力んだり、緊張したり、
筋肉が固まっている時です。
私の場合ボールを触る前に息を吐くと、
程よい力感になり、自分の思うような位置に
ボールを置く事ができます。
③次のプレーに最短で移れる位置に置く
先に挙げた①②を最初にやらないケース多いです。
日本の指導は最初から③から入る事が多いです。
だから、始めたばかりの子からすると???
トラップ超難しい。。。となってしまいます。
これは、こちらの動画がわかりやすいです。

トラップは、次のプレーに移るための動作なのです。
だから、次のプレーに速くいける位置に置く必要があります。
でも、速くできなくても、
慌てない。丁寧にプレーする事が大切です。
慌てると結果遅くなりますから。
この投稿はトラップの入門編です。
とても重要な技術なので、
トラップネタは順をおって伝えていきます。

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る