一流選手はボールコントロールと同時に○○している

トラップが…

私はトラップが下手くそで
しょっちゅう怒られていました。
今でもうまいと思いません。

けど、大学卒業して社会人になってからうまくなりました。
あくまでも学生時代と比べてですが!笑

大人になってから気づいたトラップ上達法

私は、大学卒業してから、仕事に没頭してました。
仕事は経営コンサルティングで、
会社様を客観的に見て、分析をし、提案をする!
そんな仕事をしてました。

だから日頃から、
物事や現象を観察する癖付けができました。

ある時、久々にサッカーの試合を観ました。
学生時代までは熱狂して騒いで観ていたのですが、

社会人になってからは、
職業柄冷静に観るようになってました。

活躍する選手は何が違うのだろう?
逆に活躍しない選手は何が悪いのだろう?

と色々な視点で観てました。

自分が苦手だったボールコントールが
うまい選手を観てわかったことは、

①ボールさわる時に息を吐いている
②その結果体がリラックスする
③コントロールは行きたい方向に体を持って行くだけ
(車の運転と同じです!)

これをやっているだけでした。

「苦手」を分析すると、
・うまくやろう!成功させようと思い通常動作よりも力む
・結果、体ががちがちになり、重くなる。思うように動かない
・この繰り返しにより苦手になる。いわゆるネガティブトラウマ
です。

結果出そうとすればする程、
緊張を生みます。

もちろん結果出すためにやるのですが、
行動に焦点を合わせる事が結果に繋がるように、
コントロールする時には、
上記の①~③を意識する事で、うまくいきます。

一流選手のコントロールする瞬間観て下さい。
メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る