子供が勉強を嫌がる理由は…

私は子供の頃勉強が嫌いでした

なぜかというと…

「勉強をした方がいい理由がわからなかったから」です。
ちなみに社会人になってから、
勉強していない自分を恨みました。(笑)

子供の頃は、

親に、「勉強をしなさい!」とひたすら言われましたが、
なぜ勉強をした方がいいかを考えていませんでした。
とりあえず、言われたからやる。
という、とてもつまらない目的でした。
だから、嫌いだった。
ちなみに、サッカーする上で、
国語と算数は凄く重要です。
国語ができなければ、
仲間に伝えたい事が伝わりません。
そもそも言葉が出てこない…

また、
物事を伝える時に数字を用いないと、
伝わりません。

「もっと寄せろ!」
よりも
「あと30cm寄せろ!」
の方がイメージわきますよね?
勉強をするとサッカーもうまくなる!という
意味づけを子供にできたら、
文武両道になりますね。

ちなみに私は文武は連動すると考えています。
そのお話はまたお伝えします。

追伸

久々にスパイクを購入しました。
こういう時自分がスポーツ用品店で良かったと
思いますね。(笑)

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る