セレクションでチーム関係者に印象を残す方法

この時期6年生のご父兄からいただく相談

毎年10月~11月に6年生のご父兄からよくある相談です。
ジュニアユース(中学)のセレクションに関してです。

年々感じる事

進路は、早い段階で将来に関して決断しないといけない
状況になっている気がします。

例えば、目指すジュニアユース(中学)のチームは、
ユース(高校)はどこに輩出しているか?等。
次のカテゴリーの進路実績も調べて、決断しないといけません。

セレクションノウハウ

手前味噌にはなりますが、私セレクションで落ちた経験ほとんどありません。
見た目はごつく、声が大きいので、自信家だと思われがちですが、
実はかなりびびりで、結構準備をするタイプです。
今からお伝えする事は、実際のクラブで指導されている方たちから
聞いた、印象に残す方法と、私自身が実践してきた内容です。

自己紹介

セレクションのポイントはゲーム(試合形式)なので、
ランダムまたはチーム側がセレクトしたメンバーで
試合をします。
その時に、自分が最初に自己紹介をします。
最初にする事がポイントです。
①呼んでほしいネーム
私でしたら、「GOと呼んで!宜しく」
②ポジションとストロングポイント
ポジションはCFで相手の背後を取るのが得意だから、
前向いた瞬間DFの背後にパスを出してほしい。等。
③仲間のストロングポイントを聞き出す
④みんなで受かろうとまとめる
この時点で、
積極性のある選手だ。
とか、
リーダーシップがある。
と、評価をもらえます。
企業の就職試験のグループ面接みたいなものです。

試合中

①とにかくボールを受ける事
仮に中々ボールを受けれなくても、
ボールを受けにいこうとする意思は伝わります。
目立つ事がポイントです。
②仲間の失敗プレーに前向きな言葉をかける事
これはめちゃくちゃ重要です。文句ばかり言う選手は、
チームとしては必要ありません。前向きな言葉をかける選手は、
仲間に勇気をもたらせます。

セレクション後

当たり前ですが、
①着替えをする
体調管理をしている事もプラス材料です。
②挨拶を必ずする
自身のプレーを観てくれたスタッフの皆さんに
「今日はありがとうございました。失礼します。」

大枠ですが、こんな感じです。
どれも当たり前の事ですし、
ビジネスをしているお父様方でしたら、
理解できる事だと思います。
実践してみてだくさい。
メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る