レスリング金メダリストのラストに懸けるメンタルを学ぼう

連日のオリンピックで寝不足

レスリング女子凄いですね!
3階級金メダル!しかも全て決勝は土壇場で
逆転しています。
サッカーで言えば…

ロスタイムに、土壇場同点ゴールし、逆転ゴールもする!
と言ったところです。

なぜ彼女たちはそれを実現できているのか?

①自分を信じれる位の練習量をこなしている
②自分だけでなく、誰か、何かのため!という使命感がある
③一瞬のチャンスに懸ける度胸がある(ある種の開き直り)
です。

特に、③はこれまでの日本のアスリートに欠けていた部分です。
外国人の相手にやられていたイメージが強かったです。
これはいわば、開き直りでもあります。
これでダメなら仕方ない。くらえ!!!みたいなノリです。
こういう状態の方が結果出たりします。

海外のサッカー選手もよくあります。
大舞台でそれする?って事を平気で開き直りならがやります。
本当に追い込まれたら、開き直ってやってみてください!

追伸
オリンピックを観て感じる事。
シナリオのないリアルなシーンは、
本当に心奪われます。

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る