サッカーがどんどんうまくなる子は、耳がダンボ

なぜこのような事が起こるのか?

同じことを伝えても、うまくなる子とならない子がいます。
今日はうまくなる子がよくやっている事をお伝えします。
それは…

「めちゃくちゃ耳を傾けている」です!
サッカーしながら耳がダンボになっています。笑

例えば

仲間のA君がコーチから、
「こうするといいよ!」とアドバイスを受けていたとします。
その内容を聞いていて、自分が実践してみるのです。
どんどんできる事が増えていきます。
そういう子は伸びます。
だって、他の選手より伸びる情報を手に入れ、実践するのだから。

手前みそですが、私は結構やっていました。
これは逆に、
B君が怒られている姿を見て、
なぜ怒られているか理解して、自分はそのあやまちを犯さないように
しました。

逆に我関せず!のように、興味を持たない子は伸びにくいです。
おもしろいですね~。

追伸
やっぱ基礎が重要だと感じます。
自分自身もっと基礎を積み重ねておけば…
と思い、現在色々継続しています。
では、子供の頃からやっていたら、どうなるか?
ワクワクしますね!

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る