高田純次さんから学ぶサッカー上達法がありました

情熱大陸ご覧になりましたか?

テキトー男高田純次さんでした。
めちゃくちゃおもしろかったし、
勉強になりました。
それは…

途中で嫌われる人の定義を
ぼそっと言ったシーンがありました。
嫌われている人は以下の
3つのどれかをやっているそうです。

嫌われる3つ

①説教をする(偉そうにする、上から目線)
②自慢話をする
③昔話をする
だから俺の会話は
下ネタばかりになっちゃうんだよ!(笑)
というオチをつけてました。

サッカーに置き換えますね。

①自分よりうまくない仲間(後輩)に、説教する
・これ僕が調子にのっていた時してました。
サポーターを失います。
必ずこれは後から跳ね返ってきます。謙虚が一番です。

 

②うまくいったプレーを自慢する
・家族に説明する位なら良いですが、仲間に言うのは止めましょう。
自分で自分の自慢する事ほどダサいことはありません。
むしろ自慢される存在になりましょう。
③自分が良かった時の話をする
・これは思考が過去にいってます。
過去に縛られている限り成長はしにくいです。
こんな人がチームにいたら嫌ですよね?
「俺は、物まねできない。特に印象に残るギャグなんてない。
だけどずっと出続けるてるんだよね。」

これはないものにフォーカスするのではなく、
自分にできることにフォーカスする事で、
うまくいっているという意味でしょう。
 ・背が低いから…
・足が遅いから…
試合に出れません。
ではなく、
その中でも自分にしかできないものを
見つけて行動に出ることが大切です。
背が低いなら、DFがつかみにくい。
相手より低い位置でプレーできる。
足遅いのだから、普通よりも頭を使わざるえない。
等など色々武器に転換できます。
身体的な要素は後からついてくることも
十分にあるないので、
それ以外の事を養っていれば良いのです。
一流の方からの学びは多いですね!(^^)!

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る