決勝戦の3ゴールには得点する上で重要な要素がある

アジア制覇した事があまりにも嬉しく、

決勝戦の3ゴールを何度も観てしまいました。
3ゴールには大切な要素が詰まっていました。
それは…

勝手にハイライト・解説

1点目の浅野選手のゴール。
相手の背後を取り、ダイレクトでシュート!
DFからすれば凄く嫌なプレーです。
背後を取れると、オフェンスは前向きでスピードに乗っているため、
ついていけません。

2点目の矢島選手のヘディング。
サイドの山中選手が、縦に仕掛けた事。
ここで縦に仕掛けた事が超重要!
久保選手と浅野選手がニアに入り込んだから、
矢島選手のスペースができて、
ヘディングでズドン!
理想的なサイド攻撃!枚数かけているから相手は
マークつきにくいですね。

3点目の浅野選手のゴール。
これも持ち味である背後を狙っています。
1度カットされますが、中島選手がセカンドボールを
拾って、また背後!
コントロールはゴールに向かいながら、
相手DFがは阻止できないコースに入る。
やることが明確でしたね。

まとめると、
①相手の背後をつく
②サイドでは縦に仕掛ける
③クロスボールに対しては、複数枚で入る
④持ち味を出す!
⑤ゴール向かうコントロール!

追伸
手倉森監督の、
「サッカーで日本を明るくしたい!」というコメント。
最高です!!!

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る