誰もがあきらめる事なんてしなかった

箱根駅伝・サッカー高校選手権を観て

箱根駅伝、高校選手権を観ていて思うことは、
結果を出すチームは決してあきらめたりしません。
けど、多くの人たちがすぐにあきらめてしまいます。
でも、もともとあきらめるなんて事はしていなかったはず…

みなさんのまわりであきめないで頑張る人いますか?
必ずいるはずです!

絶対あきらめない人がいます

わかりやすい例で言うと、
「赤ちゃん」です。

私は赤ちゃんで、立ったり、歩いたり、しゃべる事を
あきらめた子見たことありません。笑

彼らはなぜそこまで頑張れるのか?
それは、それができるようになりたいからです!
周りの大人、お兄ちゃん、お姉ちゃんを見て、
自分もこうなりたい!と思うからです。

つまり真似です。
でもある時を境に、これはできない!とかあきらめる時期がきます。
おそらく普段からできない!と
口癖にしたり、その理由を言っているのです。

大人の責任です。
だから、
大人は前向きな姿勢を見せ続けなくてはいけません。

挑戦して、達成する姿をどんどん見せていきたいですね。

追伸
子供が大きくなったら、仕事でうまくいかない事があっても、
仕事は超楽しい!って前向きな姿をばんばん見せていきたいと思います。

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る