サッカー日本代表から考える。ジュニア世代で意識する事はコレ

サッカー日本代表関連のお話し

決定力不足と日本サッカーが始まって以来ずっと言われています。笑
実はこれは子供のころからの日本特有のサッカー時の慣習が原因です。
それは、

普段の遊びから、ゴールよりも崩し方にこだわる。です。

これは子供のころからサッカーやっていた方には
わかると思います。
遊びのサッカーでも、崩してからシュート打って、
得点しないとゴールにならないのです。
ましてや、崩さず隙を見てシュート打ったりすると、
「は?」という空気になります。
まるでそれは「お前が悪い!」と言わんばかりの嫌な空気です。

その繰り返しが癖付けされる…

シュート打てる時に打たないでパスをするという
選択が身についているのです。
だから、サッカー少年少女に言いたい。

「空気なんか読まないでどんどんシュートを打つこと。」
「点を取った選手が一番評価されること。」
を理解してほしいです。

そこで、パパママにも協力していただきたいです。
シュートを打つこと。点取る事がどれだけ素晴らしい事か。
口酸っぱく繰り返し伝えて下さい。

追伸
私も楽しむサッカーでもがんがんシュート打って、
点取りまくろうと思います。

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る