良い言葉が大切な理由

先日60歳を越える父と母と話をしました

すると興味深い話を聞きました。
父と母が子供の頃、
登校拒否という言葉がなかったそうです。
だから、、、

登校拒否という概念がなく、
嫌でも学校を休む子がいなかった。
というのです。

ある研究で、

人は、言葉ができて→行動に移す
という結果が出たようです。
だから、
良い言葉を普段から使う人が、
良い行動に移しやすいのだなと思います。
追伸
廊下を走るな!⇒余計に走る。
廊下を歩こう!⇒走らず、歩く。
不思議ですね~

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る