Jリーグの中でビジネスがうまいチーム

フロンターレさんはビジネスがうまいと思いました。
選手の取り方が絶妙です。だって、○○があるから…

 

育成ノウハウがある

フロンターレが求める選手を育成しているチームがあるから。です。
その前に大前提の話をしますと、
チームでも企業でも最も大切なものは、
「人」です。優秀な人材を確保する、または育成する。
フロンターレの求める人材を確保できれば、当然チームにとって
メリットがあるわけです。
それはチームのビジネスにも大きく影響します。

人材の確保という点で言うと、
1つ目は、ユースなどの下部組織。

私が観る限り、日本のクラブでトップチームの考え方を
下部組織に浸透できているチームは、
そんなにないと思います。

世界のビッククラブでは、フィロソフィー(チームの哲学、企業で言う理念)があるから、
トップチームの方針に対して各カテゴリーが逆算をして、
メニューや方針を立てます。

オランダの名門アヤックスでは、
トップチームが4-3-3のため、
全ての下部組織も4-3-3で統一されています。

話を戻します。
もう1つは筑波大学との関係です。サッカー超名門大学です。
以前風間さんが指導していたチームです。
当然そのフィロソフィーは生きています。
OBに知り合いが多いので、よく話を聞きます。

フロンターレのメンバーの出身大学みればわかりますね。
共通言語もあると思います。
だから、風間さんがやりたい事を
チームに入った時から理解している。それは大きいですよね!

もう1つは、
風間さんの考え方に共感している指導者がいるチームが
日本に多く存在する。です。

私が今回フロンターレの練習見学に行こうと思ったのは、
知り合いの指導者さん5人以上の方に、
「フロンターレは観に行った方がいいよ!」と言われたからです。
行って正解でした。
ブログのネタ増えたから。(笑)
それは冗談ですが。

今のサッカーキッズ達に伝えるべき事を新たに学べたので良かったです。

追伸
最近世界で活躍するサッカー選手と連絡を取りました。
やはり努力と○○が必要だと思いました。
詳細は、メルマガで伝えます。

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る