利き足だけ徹底的に磨く事。気が付けば逆足も上手くなる

両足蹴れた方が良いですよね?

答えはイエスですが、
段階があります。
まずは、徹底的に利き足を磨く事です。

うちの子利き足の右足でしか蹴れない

全然OKです。
なぜなら、器用貧乏になってほしくないからです。
※器用貧乏とは、なまじ器用にいろいろの事がこなせるために、かえって大成しないこと。
よくある事は、どちらの足も普通。。。で終わってしまう事です。
片方がめちゃくちゃ上手い、もう片方は下手くその方が
活躍できる可能性が高まります。
なので、最初はひたすら利き足を磨いてください。

私の経験

私が小学生低学年で初めてリフティングが26回できた時、
全て右足のインステップでやりました。
当時シュートや、パスも全て利き足の右足だけでやっていました。
ある時、試合で、私が右で打つ事しかしないとわかった賢いDFが
右側をきってきてきたので、
※きるとは防ぐ、行かせないようにするという意味
左にドリブルし、左足で打ちました。
自然の流れで打てて、右足よりも威力あるシュートが
打てました。
必要な状態に迫られた方が、コツを掴むのだなと思いました。
そこから左足も蹴れると思い、意識的に蹴るようになりました。

無理に逆足練習をすると

うまくいかなすぎて、
嫌になってしまいます。
これは本末転倒なので、やらせないでください。
サッカー楽しめていれば、伸びる要素はたくさんありますので。
まずは、利き足をひたすら磨き、できる事が増える過程を楽しみ、
逆足も蹴れるようになる挑戦をして下さい。
メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る