ゴールするための因数分解で具体的な行動まで落とし込む

高校生からの相談です

「剛さん!マジで点取りたいです!」
と言われました。
そこで私はこんな質問をしました。
それは…

この質問で解決します

「80%以上の確率で点を取れる型ある?」

彼は、
「○○ならいけます!」と回答してくれました。
返ってきた答えが私の得意なプレーではなかったので、
尊敬しました。(笑)

更に深堀して実際に点取れるようになって
もらいため、落とし込みの話をしました。

「その得意な型を1試合で何回作れるか?
が鍵になる。
1回じゃ、確率80パーセントだから、0.8点。
だからノーゴール。
では、2本あったら?

2回×0.8=1.6
1点は取れる。

点を取る!という目標は実はもやーっとしてる。
すぐにやるべき事がはっきりしないと、
行動にうつせない。
すると、迷いながらプレーする事になる。
けど、1試合に最低2回は得意な型に持ち込む。
という具体的な目標にするとイケる気がしない?」

彼は理解してくれたようで、
「早速やってみます!」と言ってくれました。
実現するには、
因数分解をして、いける!という感覚まで落とし込む
必要があります。

追伸
繁忙期のピークを乗り越えました。
少しは成長できたかな?

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る