自ら売り込みサッカー選手になる方法。子供編

どうしてもプロになりたい

けれども、声がかからない…
そんな時は、

動画でご覧の方はこちらから↓

練習生で参加する

横浜Fマリノスのボンバー事、
中澤選手は、
東京ヴルディに練習生として参加して、
監督に認められて、入団します。

当時日本代表のストライカーだった
キングカズをしつこいDFでイライラさせ、
持ち前のヘディングをアピールしました。

その時の苦労が、今でも現役続投できている原動力と言っている記事をみました。

ただし、

このプロのチームに練習参加するというのは、
ハードルが非常に高いです。
コネクションがないともちろん参加できません。

その点、
名門校、名門大学、J下部チームに所属している、
町クラブでも監督やコーチが元プロなどの場合、
コネクションがある可能性があります。

注意点

選手が可能性あるレベルに達しているという最低条件は忘れずに。

手前味噌ですが、
大学までプロ目指してやっていたので、
J1、J2、海外クラブ少々、
コネクションはあります。
サッカーをやっているとそういったご縁も出てくるので、
おもしろいです!
サッカーしてきて良かったなと思える1つの要素です

メルマガ登録すると特典で、
「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom
ページ上部へ戻る