サッカー日本代表vsブラジル代表から得たサッカー少年が準備する事

ブラジルにあり日本にないもの

日本代表とブラジルの試合観られましたか?
見ごたえありましたね。賛否両論だと思いますが、
私は前向きに捉えています。

ブラジル代表にあり、日本代表にないもの。
何か気づかれましたか?

とても大切な事

止める、蹴る、走る。
コントロール、キック、ランニングの3つです。
これはサッカーで言う、
原理原則です。

あきらかにブラジル代表の選手達の、
コントロールは適切で、
パスやシュートは正確で、
走力はダイナミック
だったと思います。

原理原則とトレンドの2軸で考える

ブラジル代表は原理原則がしっかりしている上で、
トレンドもしっかりと捉えているなと思いました。
以前のブラジルは、前線の選手にスーパースターがいて
結果よりも、魅せるイメージがありましたが、
今はネイマール選手でさえ、チームのために全力を
尽くします。それは強いわけです。

現代サッカーのトレンドは、
ショートカウンターです。
高い位置(相手のゴール付近)でボールを奪い、
攻撃をするというシンプルなサッカーです。
原理原則がしっかりしているチームが、
トレンドも押さえたら、それは強いわけです。
私が勤めていたコンサル会社で、こんなことを教わりました。
業績の良い企業は、
原理原則がしっかりとしていて、時流に適応している企業。
私はこれはサッカーでもあてはまると考えています。

では、日本はこれから

まだまだ原理原則を身につけないとです。
二人組で対面パスが一番基礎的な練習です。
・コントロール時のボールの置く位置を、
ありとあらゆる場面を想定して行う。
・受ける前首を振り、回りを観る癖付けをする
・パスに強弱をつける
・パスした1,2歩動く
等々色々できます。
相手がいなければ、学校の壁にあてて跳ね返りを
コントロールするでも良いでしょう。

おそらくブラジル人は遊びで原理原則をやっています。
なんか楽しそうでしたよね。
結局この基礎がないと、何もできません。
愚直にやっていきましょう。

メルマガ登録すると特典で、

「たったこれだけで、
世界一かんたんにわかる
上位1%の人が実践する
ゴールのポイントを解説」
サッカーでも、人生でも成功に導く
超入門テキストをPDFでプレゼントしております。
ご登録はこちらから↓
http://go-pla.com/mailmag2 000

関連記事

メルマガ登録

header_04maillong500bottom

最近のコメント

    ページ上部へ戻る